ruiの日記

地球がさんざんまわって有岡くんに恋したブログ

後から知った、これが有岡沼ってやつか。

こんばんは。

るいです。

 

花粉の飛散がピークらしいのですが、

大阪に行ったら、なんだかそんなに花粉を感じなかったんです。

気のせい。。。ですよね。

 

前回は沼の淵に立ったところまででした。

茶髪でかわいい有岡くんの画像をPCで眺めていました。

そしてついに動画に手を伸ばしたのです。

 

そしたら、

自分がみてた歌番組にJUMPも出ていたのに

まったく観た記憶がなかった。

なんていうか、

気にしてないとこうも記憶に残らないんだな!

と、びっくりしました。

観てたよね、これ、ね?

って自分に問いました。

 

甘ふわなやつです。

こんな美少年9人がキラキラとこちらに(カメラに)むかって

微笑んでるのに、記憶にありません。

お風呂はいってたのかな?トイレ行ってたのかな?

 

次、

あの、我I need you の動画にたどり着いた夜です。

リビングのテレビはYouTubeが見れるので、

結構なサイズでみてました。

それでね、

あの、「いいですよ~~!!!」のあれですあれ。

聴いたとき、口ぽかーんでした。

えっいつの間にジャニーズのC&Rは対話型に!?

えっそんなこと聞くの?女子は全力でOKだすの?

親に不謹慎とか言われてない?

キラキラの甘々の世界に有岡くんは住んでいるの?

知らない、こんな世界しらない。

全身から噴き出す汗と動揺してたちあがったとき

うしろにすごい冷たい目で私をみる旦那さんがいました。

 

噴き出す汗、そして高鳴る胸。

「やばいね、ジャニーズってね。」ってテレビを消したけど

この鼓動はなんだろう。

あの世界に有岡くんはいるの?

また見たい、もっとみたい。

けど

その夜はそこでやめました。

 

次、

こっそりうろうろしていて、

細かくカットされてるmvみたいな動画をみてたんです。

また見たいんだけど、タイトルがわかんなくて、

「君がNO,1」って打ってみたり。

(おちついて検索すればそれがキミアトだってことくらいわかっただろうにww)

※今はそれが本当はupしたらダメな映像ってのはわかります。

 

階段をだだだっと降りてくるところありますよね、

わたし、何回も何回も見直して

9人も名前いえない( ;∀;)って泣いてました。

なんか同じ人にみえる(んなわけない)って泣いてました。

知識ゼロですから。

 

あのダンス、どんどんかわるフォーメーション、

有岡くんの移動距離、何回もみました。

なんだこの世界。

テレビでみてる私はいい年した女なのに、

そんなことあっちに置いといて、胸が高鳴る。

楽しい。

(でもそういってても9人全員の名前は言えてない)

 

次、

ごめんね動画ばっかみてて。

もう膝上くらいまで沼地に踏み入れてるんだけど

 

つづきはまた今度。

沼に沈む。です。

 

 

 

有岡くんです、それ。

こんばんは、るいです。

花粉症の症状がではじめました。

有岡くんは鼻炎もち。

同じつらさをあじわう季節がきました。

 

前回、有岡くんが目の前に現れるまでを書いてました。

恋がしたかったそうです。

ruitod.hatenablog.com

 

 その気持ちは誰にも話したことはありません。

何かを察知したのか(たぶんちがうけど)

旦那さんが「お昼の番組にさージャニーズっぽくない子がいる」と突然。

お昼はテレビをみてないので、そっけない返事をして終わりにしました。

 

翌週も「今日も出てたんだよ、ジャニーズなのかな?」というけれど

名前もわからないし、調べもしませんでした。

だって

ジャニーズは踏み込んだらいけない

見てはいけないものに分類してたからです。

 

でも旦那さんが火曜日がくるとまたいうので、

「ヒルナンデス ジャニーズ」と検索。

かわいい男の子がふたり並ぶ画像

細身の子と、ちっちゃくてかわいい子。

あれ、この子・・・

金八先生に出てた子ーーーー!

おっきくなったねーーーー!

かっこよくなったねーーー!

って光くんにわー!ってなってたら

「じゃなくてとなりの。」とうしろから旦那さんの声。

ありおかだいきっていうんだって。とわたし。

 

そうです、それ、有岡くんです。

 

画像表示させると、

でてくるでてくるアイドル有岡くんの画像。

なつかしいなこういう撮られ方。

ジャニーズだったよ、えっとへいせいじゃんぷ・・・だって。

そう伝えると、

「ほんとに?言ってることがおかしくてみんなにいじられてるよ」

「ジャニーズなんだ、へえ。」

という感想をききました。

 

はい、

茶髪の有岡くんが目の前に現れました。

正しくはPCの画面に、です。

それはそれはかわいい男の子。

 

現代に有岡くんっていう男の子が存在していることを知った夜。

その時は自分が沼の淵に立ったなんてしらずに。

 

有岡くんです、それ。

でした。

 

次は沼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35歳、恋がしたかった

るいです。

35歳って字面がかなりのオバサンで驚いてます。

しかたありません。

人は毎年一つずつ歳を重ねていきます。

 

結婚して旦那さんと一緒の時間が過ぎてく中で

きっとこれが愛なんだろうなっていう実感がわいてきました。

けど、恋してるときみたいな苦しさとか、めまいとか、

一日中考えてるそういうのではなくて

わたしはそれを忘れたくはありませんでした。

 

職場には男性がいます、おモテになるんだろうなあっていう

自信ありげな方もいます。

電車に乗れば、街にでれば。

でもそういう恋じゃないんです。

リアルな恋はリスクが大きすぎる。

きゅん、だけじゃすまなそう。

カラダを求めてるわけではないのに、どうなんだろう。

そのリスクを負う価値は見出せません。

でも恋がしたくて、

マンガを読んでみました。

それっぽいゲームもしてみました。

たのしい!!!

きゅんってする!!!

そんな日がつづきました。

 

でも、「わたしが」恋をしているわけではなくて。

 

でもそう、そういうこと。

俳優さんを目で追いかけてみました。

かっこいい。かわいい。モテそう(そのあとすぐ熱愛でた)。

俳優さんもファンクラブがあることに気づき、HPをみてみました。

どうしよう入りたい。お会いできる機会があるみたい。

でも・・・なにかが足りない。

 

毎朝同じ車両にいるすこし年下そうな人にときめいてみました。

おしゃれな人で、袖のカフスや、バッグ、革靴が

スーツにあわせてかわっていました。

ある日から、その人はバッグと一緒にかわいいトートバッグをもつようになりました。

それから少しして、左手薬指に指輪がありました。

おめでとうございますって心から思いました。

 

そのころ何が足りないのかはわからなくて、

恋がしたいなぁ。と漠然と思っていました。

 

結婚したらこれまでの恋を懐かしむことしかできないのかなあ。

やだなあ。

そんな風に思ってました。

 

そして突然、有岡くんが現れるんです。

苦しくて、めまいがして、一日中考えてる日がはじまるんです。

 

今度書けたらいいな。

 

 

 

 

はじめまして

るいです。

有岡くんにおっこちたときの気持ちとか

この歳でそうなった葛藤とか幸福とか

書いてみようかなと2018年になっておもい、はじめました。

私はジャニオタの括りに入れるほど詳しくないです。

歴も長くありません。

でも、横目で見ているわけではありません。

 

そんな私が書くブログ、どうなんだろう。。。

書いていけるといいな。